アイフルの即日融資で家賃が払えました

家の模型とお札彼女にしたい女性が居て、その女性の為にお金を使い過ぎて、家賃・ガス代・水道代など自分の生活費が一切払えなくなりました。それで即日でお金を借りることができる場所をインターネットで探してました。カードローンは怖いイメージがあったのですが、アイフルさんに電話をしたら物腰も優しく即日借りる方法を教えてくれました。電話の後にATMの横の契約ルームで書類関係を揃えれば即日でお金を借りられるとの事でした。当時、住んでいた家を追い出される所でしたので本当に助かりましたし、即日でお金を借りれたので本当にアイフルを利用して良かったなと思いました。

ただ、最初は10万円の借金だったのですが、借りているお金なのに自分のお金と勘違いして、色々使ってしまいました。すると上限の30万円を2ヶ月ぐらいで使い切ってしまい、リボ払いでも1ヶ月に12,000円ほどの支払いが必要になってきました。これはいけないと、全額返済しようとするも利息も込みで50万円ぐらいになっていたと思います。

3年間で完済はできましたが、今思えば最初の10万円だけだったらすぐに返済できたはずです。お金の管理をできる人がお金を借りるのなら即日で必要なお金を手にできるのでカードローンは本当に良い商品だと思います。私みたいにカードローンの使い方を間違わなければ味方になるはずです。

土日や即日対応してくれるカードローン業者

歌舞伎町のネオンサイン何度かカードローンやキャッシング業者に実際に申し込み、利用した経験があります。お金の管理がとにかく苦手で、週末の会社帰りは仕事仲間に誘われるがまま居酒屋やキャバクラに飲みに行ってしまっていました。そんなときは記憶が無くなるぐらい飲んでしまうので、翌日の昼頃に目を覚ますと全く記憶に無いキャバクラ名刺や、おつり(といっても小銭)が入っている小さい袋、とんでもない金額の領収書やタクシーのレシートなどがいくつも出てくることがありました。

ごく普通の一般的サラリーマンの私には、そんなに遊べるお金も経費もなかった為、次の給料日どころか、月曜日からの生活すら危ないときまでありました。そんなときは食事を我慢するなどで、なんとかギリギリやり過ごすのですが、あるとき月曜日から出張の予定が入っており、飛行機のチケットは取っていたものの、それ以外のお金が一切無く、本当に焦ったことがありました。

私はどうすれば良いか分からず頭を悩ませており、大人げないですが真剣にずる休みすることも考えて、ネットで自然に見えるズル休み方法を探したりしていました。そんなときに土日祝日と即日対応をしてくれるカードローン業者の広告が目にとまりました。そこで即ネットから登録を済ませ、自動契約機まで足を運び事なきを得ました。審査が通った瞬間は本当に神様に救われたような気持ちになりました。

消費者金融でもサービスが豊富

最近よく耳にする言葉、「キャッシング」。
「キャッシング」とは一般的に、保証人不要・無担保でお金を借りることを指し、借り入れサービスを提供する会社、金融機関を総合して指すときに使われたりもします。
現在では、様々な金融機関がこういったサービスを提供し、多くの種類のサービスが受けられ多種多様な業種です。
ATMのイラスト私も利用する機会が何度かありましたが、その場合、消費者金融を選ぶことが多いです。
なぜ、数多くあるキャッシングサービスの中から消費者金融を利用することを選択するのかというと、まず銀行に比べれば審査が厳しくないということ。
借りる側からしてみれば、面倒な審査や、厳しい基準を設定されるとどうしても手軽さに欠けて、億劫になってしまいます。
もう1つの理由として、最近では、消費者金融でもサービス性が非常に豊富で多様化し、その人その人に合うキャッシングサービスを提供してくれる、そして選びやすいということです。
借りたい時に、すぐに申し込みができる即日カードローンや、窓口などに出向かわなくても自宅から気軽にできるインターネットでの申し込みなど、利用しやすいサービスが多数あります。
その上、ほとんどの消費者金融がサイトを持っているということもあり、必要な情報を調べやすい、というのも魅力の1つです。

利息は高くついたが、即日融資の安心感には変え難い

今まで一度も利用したことのなかった、キャッシングを先月初めて利用しました。
先月突然病気をしてしまい、入院を余儀なくされたのです。そこで入院費をどうにか準備しなければならなかったので、キャッシングサービスの利用を決めました。
お札のはみ出た財布その時に借りた金額は20万円。そして、利率は15%でした。
しょうがないかと思ったけれども、カードキャッシングなので、利息は高めだなと感じていました。
念のために調べてみると、銀行などのカードローンで借り入れをした場合の利率は、おおよそで10%くらい。
高めの利率を払わされると分かっていながら、なぜこの方法でキャッシングしようと決めたのかは、まず、カード会社のほうが手続きなどが速く、すぐにカードが作れたから。それに、審査とか、申し込みも簡単で、すぐにお金を借りることができたから。
実際は、きちんと比較して選んで決めた訳ではなく、とっても焦っていたからというのが、一番の理由です。現金が少しでも早く手元に必要で、すぐに用意しなければならないという思いと焦りで、最も手っ取り早いキャッシングで、利率が高くても借りてしまったのです。でも現金がすぐに手に入ったので、お金を持っている安心感には変え難いものがありました。

便利だけど簡単すぎるキャッシングの注意点

キャッシングサービスの利用は、最近ではコマーシャルや広告など様々な場所で耳にしたりするなど、私たちの身近に感じられるようになりました。れに加え、どんな人でも戸惑うこともほとんどなく、簡単にサービスを受けることができるようになりましたね。
しかし、そんな気軽にできてしまうこのサービスの容易さにこそ、危険が潜んでいるため、利用するにあたり十分な注意が必要です。
羽があるお金特に、キャッシングサービスを利用する際に、「借りすぎ」てしまうことに気をつけなければなりません。手続きも簡単だからといって、必要以上に借りてしまい、そのあとの返済に困ってしまったりすることも多々あります。
お金を借りるというキャッシングサービスを、あまりにも気軽に受けることができ、借りるための審査や、申し込み手続きの手順などのハードルが低いとなると、どうしてもキャッシングという行為に対する意識も下がってしまいがちです。

当日融資が可能なところも多く、急な出費で助けられる反面、自分のキャッシュカードから現金を引き出す錯覚に陥る人も少なくありません。
そして、借りすぎてしまったことに気づかずに、どんどん借りてしまう人も多いのです。
そのようなことになってしまわないように、事前に確実な情報を収集し、計画的に自分の必要な分だけ借りていきながら、キャッシングサービスを利用しましょう。

人目を気にせずネットで申し込み

最近では、キャッシングサービスを利用するには、インターネットを使って各サービス会社のサイトから直接、そして便利に申し込めるところが非常に多くなってきました。そのため、わざわざ店頭の窓口に行って手続きをする必要なく、申し込みができるようになりました。

困ったサラリーマン締切時間に間に合えば、当日振込を行ってくれる会社も珍しくありません。
窓口に手続きをする際、最も気になるのは人の目ではないでしょうか。
インターネットでの手続きですと、そのような心配もなく、安心して利用することができるのです。
キャッシングサービスの申し込みをインターネットで行う場合は、まず、各サービス会社のサイトへ行きます。
そして、インターネットから申し込みのためのフォームに各種の情報を直接入力してから手続きを始めていきます。その際、申し込み先の機関から、免許証やパスポート、健康保険証などの身分証明書を提出するよう求められます。
また、銀行、消費者金融、各サービス会社によって違いますが、一定額以上のキャッシングを希望すると勤務先から出る源泉徴収などの収入証明書が必要な場合もあります。
サービスの内容、質、多様さなどは各金融機関によって様々ですので、申し込み前にきちんと調べ、内容を把握し、自分に合ったサービスを選らんでから手続きをしましょう。