カードローンを利用する前に考えておきたいこと

空にかざすお札カードローンを利用する前に考えておきたいことがあります。まずは利用するにあたって今現在の自分の状況を把握しておくことです。他社のカードローンの借り入れがないか?クレジットカードの未払いなどないか?案外見落としがちですが、クレジットカードも立派なローンになりますので、支払いが遅れたり未払いのままだとカードローンの審査の際にひっかかる可能性が高いです。カードローンももちろん同じことで、他社のカードローンを利用していて、もし延滞などあれば信用情報に関わることになるのでこれも借り入れることは難しいでしょう。

次に考えておきたいことは収入面。自身の収入(年収)がいくらあるのかということです。この収入によってカードローンの借り入れ出来る範囲が決まってきますので注意しておきたいです。例えば収入が450万円ある人ならば150万円の利用が可能だということですが、あくまで目安ですので全てその通りになるというわけではありません。年収の1/3まではカードローンで借り入れ出来るという法律になっています。逆にその年収の1/3を越える額の利用というのは出来きず、これは総量規制というもので法律により定められています。

低金利だけに惑わされないで、中身を見よう

証明書色々まずは知名度の高い企業から借りようと思いました。 やはり、あまり聞いたことのない企業だと、闇金等の心配もあるし、本当に安全なのかという不安から始まるので、最初に安心を求めていました。 次に借り入れしたい会社が決まると、そこから金利や、返済方法、利便性を考えて借りる場所を決めていけば良いと思います。

会社によっては、キャンペーンも行っており、直ぐに一括で返済できる場合は、1ヶ月無利息キャンペーンなどを行っている所もありますので便利に使えると思います。 金利にはそれほど差はなかったのですが、少しでも低い方が良いと思います。 利便性に関しては、申し込みが簡単かどうかもポイントです。 会社によっては、借入金額にもよると思いますが、収入証明書を提出したり、会社に在籍確認の電話が入ったりとする場合もあります。

面倒でも、あらかじめインターネットで調べたり、電話での問い合わせををした方が安心です。 いざ、借り入れの時に、必要書類を用意してと言われてもその場に無ければ二度手間になります。 返済も振込手数料が比較的かからない会社を選んだ方が、後々の為に良いです。 無人契約機での返済ができるところをお勧めします。 直ぐに返済できれば良いのですが長い目で見れば、手数料もばかになりません。 低金利はもちろんですが、安心して借り入れができて、返済もスムーズにできるところが良いと思います。

可能な限りのおまとめローン

買い物する女性クレジットカードの使い過ぎで借金が増えていきました。原因は妻の買い物依存症です。気付いた頃には時すでに遅しで、数社のクレジットカードを利用していました。毎月の支払いは毎回リボルビング払いにしていため、多くなかったのですが、クレジットカード会社は利率が年利15%程度なので、返済額としてはかなり多くなります。

そこで、テレビCMで知った三菱東京UFJ銀行のカードローンを調べてみました。すると簡単に利用することができる事がわかりました。使用できるまでにも時間もあまりかからなかった様に記憶しています。利用可能額は200万円で、可能な限りいくつかの会社のクレジットカードをまとめました。おかげで月々の返済もかなり楽になり、トータルの返済額もかなり抑える事ができました。

これからは三菱東京UFJ銀行に地道な返済をしなければいけませんが、年利もあまり高くないので、もっと早く知っておけば良かったなと思っています。最近では色々と問題があると言われている銀行系カードローンですが、利用者にとってはかなり使いやすいローンです。計画的な返済がとても大切なので、過度な利用は控えるべきですが、個人的には消費者金融などよりも絶対に良いと思います。

返済したら、もう一度借りるということをしない。

指でバツを作る私は学生時代に特に重大な用途もなしに、軽い気持ちでキャッシングをしました。最初は10万円から始まり、20、30と気づいたら学生にはすぐに返すことのできない大きな額となっていました。この借り入れ期間内にいくらか返済をして、また返済した額を借りるという愚行を犯し、毎月返済しているのにまったく借り入れ金額が減らないという事態に陥りました。 これはおそらく、返済できない人の典型的パターンです。特にギャンブルをやっている人に多いと思います。勝った時に返済し、負ければまた借りる。ギャンブルに限った話ではありませんが、返済が中々終わらない人は返済と借入を同時に進行している人が多いからです。

私はこの負のスパイラルを抜け出すために、自分のルールを定めました。生活に余裕がある月は、必ず返済を多目にする。多目にした月のみ、もう一度借入をしてもよい。この2つです。ただし、借入額は多目に返済した分のみとしました。 結局は自分の意志の固さですが、きっちり守れるような人はあまりキャッシング等お世話になることは少ないでしょう。

そしてもうひとつ。これは方法というより意識ですが、手数料と利息がどれ程かかってしまうのか一度考えてみるべきです。厳密に計算することをお薦めします。お金がないから借りたのに、余計なお金をかけてしまいまたお金がなくなる。そのことを心にとどめておけば、自身の返済意欲も向上すると思います。 一度返済で苦労すれば、もうこの苦労は味わいたくないはずです。額にもよりますが、この苦労から早く解放されることを祈っております。

私の薄給生活を救ってくれた救世主

お札を持つ手と通帳初めて借り入れの申し込みをしに行った時は、本当に借りられるのか、誰かに知られてしまうのではないかと、色々な不安と緊張がありました。しかし、その不安は数時間後には、無事に借り入れができたことへの喜びに変わりました。

銀行内にあるカード発行専用のブースで申請の手続きをし、1時間ほどでお金を借りることができました。もちろん、審査など初めての手続きばかりでしたが、オペレーターの方が丁寧に対応してくださりました。不安なことや分からないことがあれば、その場で聞くことができたのも良かったです。カードはその場で発行され、会社や家族に知られることなく、思っていたよりも大きな額のお金を借りる事ができました。

その後は銀行のATMやコンビニからいつでも借り入れや返済ができるのも、とても便利です。毎月決まった日にコツコツと返済していて、もうすぐ完済予定です。銀行のカードローンなので信用もできるし、適切な金利で借りることができたと思っています。確かに、借金のイメージは良くないかもしれませんが、きちんと責任をもって返済できるのであれば、一時的に利用する事は悪いことではないと思います。私は、このカードローンを利用したことで本当に救われました。

早期返済には返済方式や毎月に返済額に注目!

お金のイメージ銀行や消費者金融のカードローンを検討する際、金利の低さや無利息サービスの有無といったことは契約の決定に大きな影響を与えると考えます。特に金利が低いことで、トータル的に返済する金額に差が出るため、低金利のカードローンを契約するのが一番お得に感じます。しかし、如何に低金利であっても、返済方式や毎月の返済額にどのような特徴があるのか認識しておく必要があり、返済管理に不安や総返済額を削減したいという方は次のポイントに注目することをおススメします。

現在では、銀行や消費者金融のカードローンの返済方式としてはリボルビングスライド方式が一般的になり、毎月の返済額も数千円単位に固定されるのが一般的です。しかし、ここで注目するべき点は『安易に少額返済にならないキャッシングローンを契約する』ということです。例えば、10万円毎に2000円が加算され毎月の返済額が決まるものと、30万円未満は月額1万円という返済方式では明らかに後者の方が早期返済に繋がり、総返済額も抑えることが出来ます。自分自身が任意で繰り上げ返済を行わなくても、早期返済が達成できるカードローンを契約するということになります。

任意返済を行う場合、銀行口座からの引落手数料は掛からないものの、提携ATMを利用すると利用手数料が発生してしまうケースもあり、返済時のコストも注意しなければならなくなります。一方で、返済額がある程度の金額で固定される場合、任意返済の手間が掛からない上、早期返済が気にしなくても達成できるというメリットがあります。

カードローンを契約する際は、無理のない範囲で毎月の返済額が選択できることは魅力的ではあるものの、50万円未満であれば毎月2万円は返済出来る余裕も確保することがポイントになります。

自分の収入に合った借り入れが基本

電卓とお金カードローンやキャッシングをする時は、これだったら返せるとか延滞は絶対しないで、完済できると思って借りる人がほとんどだと思います。しかし、実際に借りると上手くいかなくて延滞したり、完済できなくなるケースがあります。それを避ける為に、事前に考える必要があります。

自分の収入に合った借り入れが基本ですが、その収入に合った借り入れとは具体的に難しい部分だと思います。よく聞くのが、借り入れを年収の3分の1以下に抑えないと返済が厳しくなると言われています。支払い方法が分割や一括などにより変わりますが、利息がもったいないと思い毎月の返済額を多く設定すると、延滞する可能性がでます。少ない金額だとほとんど利息に充当する事になるので、毎月の返済で元金に充当できるのが、2分の1以上にする事が最低ラインです。このラインで返済すれば、延滞を回避しやすいです。返済額は無理のない金額に設定すれば、延滞はよほどの事がなければ大丈夫だと思います。

他に考えるのが、借り入れをする時は複数社から借りない事が大切です。例えば、30万円借りる時に3社から10万円ずつのカードローンをするとかは、延滞や完済できなくなる可能性が高くなります。1社で30万円のカードローンなら、利息などを考えてもしっかり返済できます。おまとめローンなどがあるのは、この辺りに関係しています。

クイックカードローン使いやすいです!!

数枚のクレジットカード口座にもしも残金がマイナスになる場合でも、クイックカードローンのおかげで、そこから借りたことになって自動引き落としなどになり、ローンやインターネット支払いがもし月末厳しくても払えるので、いちいち違う口座から足りない分を振り込まなくて済むのですごく使いやすいと思います。クイックカードローンのおかげで現金がない場合でもすぐに引き出すことができ、大変助かってます!

デビッドカードとも併用してるので、口座にお金なくてもコンビニなどですぐ使えることはすごく助かるんですが、やはり借りていることを忘れて買い物してしまう時があるので注意が必要です。ですが本当に便利なので、ある程度お金を使いすぎてしまうのは、悲しいですが仕方ないかなと思ってもいます。

私は30万までなら借りることができ、非常時などにはすぐに引き出すことができるので、すごくカードローンのおかげで安心感もあります。クレジットカードなどとは異なり、すぐに現金を引き出すことができるので、手持ちがない際はやはりカードローンを使ってしまいます。

沢山使いすぎてしまうことがないようにしないといけませんが、便利なので借りてしまいます!これからもクレジットカードと併用はしますが、メインの利用はクイックカードローンになると思います。

子供を幼稚園に行かすための家計見直し

幼稚園の制服を着た少女上の子供が幼稚園に来年通うのですが、自分の安い給料では今の生活がギリギリだったので、どこかの生活費を削減して幼稚園代を作り出さないとダメになりました。まず、自分が手をつけたのは、携帯代でした。夫婦二人とも大手携帯会社を使用していて、二人で15000円ほど支払っていました。なので、大手携帯会社から格安スマホに買い換えて、月々の支払いが6000円くらいまで落ちました。1万円落ちただけでは、幼稚園代は出ないので、もう少し月々の生活費を落とす必要があります。そこで考えたのが、おまとめローンでした。

自分にはクレジットカードのリボ払い残高が20万円あり、月々1万円支払っていました。嫁の教育方針のために子供の英語教材を購入した分のローンが残高30万円あり、月々1万円支払っていました。なので、おまとめローンを利用して月々の支払いを低くしてそこから幼稚園代を作ろうと考えました。

なるべく返済期間を長く延ばして月々の支払いを少なくしようと思い、最長で借りれる銀行を探しました。それがイオン銀行でした。金利は上限金利ですが、最長8年間返済ができるので、月々の返済額を落とせます。ここだと思い、おまとめローンを申し込みました。審査はあっさり通り、振り込まれたのは2週間後でした。カードと英語教材のローンを一括で支払いしました。イオン銀行の月々の支払い額は約8000円です。1万円以上落ちました。これで合計2万円落ちたことになり、なんとか幼稚園代を捻出することができました。おまとめローンがあって助かりました。

無理して返済額をあげずゆとりを持つ

リラックスする男性自分がカードローンやキャッシングを利用する時に気を付けて注意していることは、カードローンやキャッシングをして毎月の返済に苦労をしないかです。早く返済を終わらせたいからと言って無理して返済額を上げ、返済期間を短くするのではなくて、自分の生活に無理がないくらいの返済額で返済できるのならカードローンやキャッシングの借り入れをすることにしています。

返済に追われて仕事を頑張るのも嫌ですし、生活を切り詰めてストレスを溜めてしまいイライラするのも嫌なので、返済期間が延びてでも生活に支障のない程度の返済額にしといた方が、生活にもゆとりができて、ストレスも溜めずに返済していけると思っています。ゆとりがあるので少しずつでも貯金していって、ある程度貯金が貯まったら一括で払うようにしています。

あと、カードローンやキャッシングをする消費者金融や銀行の金利は、上限金利を採用することが多いので、少しでも上限金利が低い会社を見つけていつでもキャッシングできるようにしています。余裕がある時に探しておかないと、急にお金が必要になった時に慌てて、金利の高い会社に借り入れしてしまうのはもったいないです。

なので、なにかあったら借り入れする消費者金融や銀行のキャッシングカードを作っておくべきだと思います。