自分の収入に合った借り入れが基本

電卓とお金カードローンやキャッシングをする時は、これだったら返せるとか延滞は絶対しないで、完済できると思って借りる人がほとんどだと思います。しかし、実際に借りると上手くいかなくて延滞したり、完済できなくなるケースがあります。それを避ける為に、事前に考える必要があります。

自分の収入に合った借り入れが基本ですが、その収入に合った借り入れとは具体的に難しい部分だと思います。よく聞くのが、借り入れを年収の3分の1以下に抑えないと返済が厳しくなると言われています。支払い方法が分割や一括などにより変わりますが、利息がもったいないと思い毎月の返済額を多く設定すると、延滞する可能性がでます。少ない金額だとほとんど利息に充当する事になるので、毎月の返済で元金に充当できるのが、2分の1以上にする事が最低ラインです。このラインで返済すれば、延滞を回避しやすいです。返済額は無理のない金額に設定すれば、延滞はよほどの事がなければ大丈夫だと思います。

他に考えるのが、借り入れをする時は複数社から借りない事が大切です。例えば、30万円借りる時に3社から10万円ずつのカードローンをするとかは、延滞や完済できなくなる可能性が高くなります。1社で30万円のカードローンなら、利息などを考えてもしっかり返済できます。おまとめローンなどがあるのは、この辺りに関係しています。

転勤の辞令をきっかけに辞めるしかなく

辞令の書面働き始めて3年目に他店舗に転勤の話が来ました。給料が安くても実家から通える事で車も買う事が出来、実家にも生活費を五万円ほど入れるだけで済んでいたのです。転勤をしてしまうと家賃の半分は会社持ち等ありましたが、光熱費や食費、車のローン等お金の計算をすると給料ではとても足りない事がわかりました。

働いても赤字になるのをわかっていて働き続ける事は出来ない、かと言って転勤をしないと言える会社ではありません。拒否するなら辞める、暗黙のルールのようなものがありました。

結局辞めてすぐ仕事を探し出しましたがなかなか決まらず、辞めた月と翌月は何とか大丈夫でしたが、3か月目4ヶ月目にはお金が全くなく、その時持っていたクレジットカードのキャッシング最大限の50万借りました。借りたらすぐ翌月から支払いが生じるのでまだ仕事も決まってなかったですし、借りれるだけ借りておこうと考えました。半年後にやっと正社員で働く事が出来ましたが、働いてすぐ給料が入るわけではないので支払いの方が収入より多く、何かないかと更に探し、生命保険を解約し支払いに充てました。

保険を解約したので月々の支払いも無くなり、やっと節約したらなんとか返せるようになりました。暫くは貯金なんて出来ず、服も外食も出来るようなお金の余裕は全くありませんでした。キャッシングした分の支払いも何年かかかりましたが、今では良い勉強になったと思っています。あの時期は大変でした。クレジットカード会社に会社を辞めたのをすぐ伝えなくバレてなかったのが救いでした。

カードの怖さキャッシングの地獄からの脱出

3枚のクレジットカードキャッシングで地獄をみました。カードを持ったのは大学の頃。最初は怖くて使えなかったカード、初めて使ったのは彼へのプレゼントでした。一括で返済しカードへの恐怖心がなくなったのが、事の始まりでした。

お金を持っていないのにお買い物ができてしまう。その感覚がわからず、買い物、旅行と使っていきました。まだ、そこまでなら良かったんです。その一括の返済金額が足らなくなる時が来てしまい、ついにキャッシングに手をつけました。そんな事をしたら返済金額は減るどころか増えるばかりで自分の首を締めていたのに気がつくのに1年かかりました。借り入れ金額は膨れ上がり、総額約25万円まで増えていました。

ですがこの後リボ払いと言う素敵なものに出会います。返済金額を一定にし返済を滞りなくできる様になりました。しかしながら、リボ払いにすれば返済金額は減ると思えば毎月2万の返済。なのにそれを超えるカード使用、減るわけがないんです。もちろん貯金もできるわけがありません。完全に負のスパイラルに陥っていました。

最終的に3年で返済する事が出来たのですが、それは子供の妊娠を期に会社を産休し、その手当が出た時に一括返済が可能になったからです。今はカードを使うのが怖くて、まだ持ってはいますが使っていません。

土日や即日対応してくれるカードローン業者

歌舞伎町のネオンサイン何度かカードローンやキャッシング業者に実際に申し込み、利用した経験があります。お金の管理がとにかく苦手で、週末の会社帰りは仕事仲間に誘われるがまま居酒屋やキャバクラに飲みに行ってしまっていました。そんなときは記憶が無くなるぐらい飲んでしまうので、翌日の昼頃に目を覚ますと全く記憶に無いキャバクラ名刺や、おつり(といっても小銭)が入っている小さい袋、とんでもない金額の領収書やタクシーのレシートなどがいくつも出てくることがありました。

ごく普通の一般的サラリーマンの私には、そんなに遊べるお金も経費もなかった為、次の給料日どころか、月曜日からの生活すら危ないときまでありました。そんなときは食事を我慢するなどで、なんとかギリギリやり過ごすのですが、あるとき月曜日から出張の予定が入っており、飛行機のチケットは取っていたものの、それ以外のお金が一切無く、本当に焦ったことがありました。

私はどうすれば良いか分からず頭を悩ませており、大人げないですが真剣にずる休みすることも考えて、ネットで自然に見えるズル休み方法を探したりしていました。そんなときに土日祝日と即日対応をしてくれるカードローン業者の広告が目にとまりました。そこで即ネットから登録を済ませ、自動契約機まで足を運び事なきを得ました。審査が通った瞬間は本当に神様に救われたような気持ちになりました。