リボルビング払いという底なし沼

japanese_men私のキャッシング歴は間もなく5年になります。

初めてキャッシングしたのは、確か他県に遠出した時に入り用になって1万円だけ…と軽い気持ちでコンビニで用立てたように記憶しています。支払いはリボ払いに設定していた為、1万の借入だと翌月、長くても翌々月返済したらキレイになると思って当時は全く深く考えていませんでした。

その時の1万円を難なく払い終えしばらく経った頃、急にどうしてもまとまったお金が必要になりまた軽い気持ちでコンビニへ。二回目は30万程借りました。

リボ払いなら来月から返済額が1万くらいアップする程度で3年もあれば返せるかな…とまだ軽く考えていた私。

確かにキャッシング分だけなら1万アップですが、ショッピングでも日常的にカード決済している為、当然プラス1万どころではない請求が来るようになりました。それでもまだ生活には困っていなかったので、手持ちがない時に1万円だけキャッシングしちゃおうという生活を続けていました。

じわじわと返済額が上がって来た頃、あとどの位残っているかを確認すべく明細をじっくり見て驚愕。キャッシングの残高が想像以上に減ってない・・・。まじまじと見た明細のリボ払いの利息の高額さに青くなりました。無知な私はその事に気付くのに一年程時間を費やし、未だ完済には至っていません。

リボ払いの終わりの見えなさを抱えながら、完済まであと1年こんな生活が続きます。キャッシングは手軽に出来て助けられる事も多かったけれど、こんな心労はもうコリゴリ。二度とカードキャッシングには手を出さないと決めています。

簡単だけど、後がきついキャッシング

借金のことを考えて怯える女性普段からマイルやポイントを貯めるため、クレジットカードを良く使っていました。3000円、5000円、食費までクレジットカードで支払っていました。旦那様が頑張って稼いだお金だと分かっているけど、その時々のお金の持ち合わせがなく、結局クレジットカードで支払うはめに。そうしているうちに、明細書が届き、見てみると、信じられない金額なっています。

一括で払うのはとてもじゃないけど無理です。旦那様にも言えず、どうしようと悩みました。ネットで明細書を見ながら、リボ払い、キャッシング、カードローンの欄があり、どうしようか、家族が寝た後一人でなやみ、リボ払いにすることに。次から支払いは楽になりました。

そんな事を繰り返していたら、今度はリボ払いの限度額が近づき、どうしようとまた、悩みました。給料から引き出せるお金もなく、買いたいものも買えず、子供の習い事のお金さえない状態。また、ネットの明細書をながめ、今度はキャッシングで悩みました。もうすぐ、ボーナスだし大丈夫払えるって、簡単に思ってたんです。

午前中にキャッシングを申し込むとその日のうちに、銀行の通帳に入金されました。凄くありがたかったです。10万円なんて、ボーナスで簡単にかえせるって思いました。でも、いざボーナスが入っても、もろもろの支払いはボーナスが無くなるほど。たがが10万円なのに、他の支払いは頭になかったのか、その10万円が本当に辛かったです。

借りたのは10万円でも利息がつきます。今は現金主義でクレジットカードには頼らなくなりましたが、お金が無いとき、キャッシングの文字をみると、心が揺らぎます。いざというときは本当に有りがたいキャッシングですが、本当に返せるのか、計画をしっかり立ててから利用した方がいいと勉強になりました。

他人に明かせない、終わらない返済地獄

クレジットカード私は大学一年生になってすぐ両親が離婚することになり、それを機に一人暮らしを始めることになりました。元々兄弟が多かったこともあり裕福な家庭ではありませんでしたので、大学費用はもちろん奨学金を借りながら、自分で支払っていくほかありませんでした。

日中は大学の講義を受け、夕方から夜、もしくは夜から朝までの掛け持ちのアルバイトをほぼ毎日行い、学費を稼ぐ日々が続きました。しかしながら、若気の至りもあり、友人とギャンブルに走ってしまったり、日常の飲食費で出費がかさんでしまったりと、だんだんと収支のバランスが崩れていく結果となりました。それが社会人1年目の頃です。

その頃になると、社会人になって安定した収入を得ていましたが、実際にはアルバイトのときより収入は減り、家賃や奨学金を賄えるような余裕は無くなっており、どうにかお金を調達出来ないかと模索してました。そんな中で出会ったのがエポスカードです。

エポスカードは元々はクレジットカードが主たる利用方法であるため、友人の中でも利用者が多く、持っていても誰もキャッシングを利用しているとは思っていないはずです。お金を借りるということに非常に抵抗感がありましたが、コンビニのATMで気軽に借りることが出来、返済方法も多岐に渡るため、今では欠かせないキャッシングカードとなっています。

ただし、今でもその返済はまったく終わっていません。結局借りては返す、そしてまた借りるを繰り返しているため、利息がかさみ、返済しきれなくなっています。会社や友人に頼らなくても借りれることはとてもありがたく思っているのですが、終わらない返済地獄に、いつか家族にばれてしまう、借金まみれになるのではないかと不安でいっぱいです。