インターネットの申し込みで安心

最初はお金を借りるという事にすごく抵抗があり、店舗に足を運んで誰かと会ったらどうしようなど、お金を借りるイコール恥ずかしいという気持ちがありました。

札束の写真しかし急にまとまったお金が必要になり、頼る人もおらず、駅の近くにあるCMでも有名なアコムが目にとまりました。しかし足をふみいれる事にどうしても抵抗があり、一度帰宅してインターネットで評判など調べたりしていました。

やはりお金を借りることなのでどんな会社なのか、みんなの評判はどうなのか、どうせ借りるなら評判のいいところで借りたいと思い、下調べをしてみました。

そこでインターネットでの申し込みができるというのを知って、来店は1度でいいという事だったので、申し込みをしました。ドキドキした記憶は今でも覚えています。無事審査も通り、連絡頂いてお店のほうへ足を運びました。

返済も近くのATMでできたり、またどうしても困ったときなど繰り返し利用できるので、カードを持ってみると便利だなと実感しました。しかしお金を借りたら返さなくてはいけないので、使いすぎにも注意ですね。私は困ったときに助けてもらえてすごく助かりました。今はもう返済しおわっていますが、いつかまた急な出費のときになど利用させて頂きたいと思います。

転職で次の給料日まで、家賃と月謝が払えず

ずっと借金とは無縁の生き方をしていました。利息が高いことや、返済まで気持ちがすっきりしないだろうと思っていましたし、テレビでよく見る借金地獄のような生活だけはしたくないと強く考えていました。
空の財布を持つ女性しかし、主人が転職をする際にどうしても家賃と子供の幼稚園の月謝が1ヶ月分足りなかったので、持っていたセディナのカードローンで10万引き出しました。金利は18%と高かったです。利息を含めてほぼ11万の返済です。
カードローンは初めてで、ATMからお金が出てくるときにはほっとしたような悲しいような気持ちになりました。転職後の給料が転職前とトントンなので早めに返済することもできず、あと3万ぐらいの残高があります。毎月1万の返済なのですが、カード会社のシステムで残高5万円きると毎月5千円になるので、そのままにしていたら更に利息がかかる計算です。

あと少しで完済なので、生活を切り詰めて今年中には借金生活は終わらせて、もう2度と借金をしないぞと心に決めています。

アパートを契約するのにかかる費用が足りず

大学を卒業時に就職が決まらず、アルバイト先の近くにアパートを借りるのにお金が必要でした。池袋だったので敷金、礼金と仲介手数料とかなりの額のお金が必要になりました。

アパートのイラストアルバイトという肩書きでは他にお金を貸してくれそうなところがなく、ルームシェアをする友人と一緒にお金を借りることにしました。お金を借りることで後ろめたい気持ちと恥ずかいというか情けないという気持ちであまりいい気分ではありませんでした。

それに法律改正前だったので利子がかなり高い利回りだったのでだるま式に借金が膨れ上がってしまったりしないだろうかとすごく不安になりました。そしてさらに、消費者金融からお金を借りていることが周りやアルバイト先にバレないだろうかとすごく冷や冷やして生活しなければならなくなりました。アパートの契約が出来たことは助かりましたし、半年で全額返済することが出来たので良かったですがもう借金はするものじゃないなぁと痛感しました。

生活費が足りなかったため

派遣社員だったため生活費が足りなくなることがあり、キャッシングを使い始めるようになりました。最初はいけないといけないと思っていたが、コンビニのATMで簡単に引き出せるため2、3万円を繰り返すうちに徐々に罪悪感はなくなり癖になってしまいました。

通帳を見て喜ぶ男性そしてキャッシングを頼って生活するように。さらにその返済するためにキャッシングを利用するというサイクルができてしまい、最初は1社だけを利用していたが、銀行系のキャッシングローンや他のクレジットカードのキャッシングにも手を出してしまいました。
総額は150万円ほどになってしまいました。利息が一桁だったので、借りているときは利息のことは気にしていなかったが、2年前に過払い金の申請をしたら結構な額だったのでビックリしました。それから7年ほど経過した現在も返済しています。あと1年ほどで完済する予定です。
反省しつつも、今でもたまにキャッシングしたいと思うことがあるので、現在ではクレジットカードのキャッシング額は0に設定しています。

 

消費者金融でもサービスが豊富

最近よく耳にする言葉、「キャッシング」。
「キャッシング」とは一般的に、保証人不要・無担保でお金を借りることを指し、借り入れサービスを提供する会社、金融機関を総合して指すときに使われたりもします。
現在では、様々な金融機関がこういったサービスを提供し、多くの種類のサービスが受けられ多種多様な業種です。
ATMのイラスト私も利用する機会が何度かありましたが、その場合、消費者金融を選ぶことが多いです。
なぜ、数多くあるキャッシングサービスの中から消費者金融を利用することを選択するのかというと、まず銀行に比べれば審査が厳しくないということ。
借りる側からしてみれば、面倒な審査や、厳しい基準を設定されるとどうしても手軽さに欠けて、億劫になってしまいます。
もう1つの理由として、最近では、消費者金融でもサービス性が非常に豊富で多様化し、その人その人に合うキャッシングサービスを提供してくれる、そして選びやすいということです。
借りたい時に、すぐに申し込みができる即日カードローンや、窓口などに出向かわなくても自宅から気軽にできるインターネットでの申し込みなど、利用しやすいサービスが多数あります。
その上、ほとんどの消費者金融がサイトを持っているということもあり、必要な情報を調べやすい、というのも魅力の1つです。

利息は高くついたが、即日融資の安心感には変え難い

今まで一度も利用したことのなかった、キャッシングを先月初めて利用しました。
先月突然病気をしてしまい、入院を余儀なくされたのです。そこで入院費をどうにか準備しなければならなかったので、キャッシングサービスの利用を決めました。
お札のはみ出た財布その時に借りた金額は20万円。そして、利率は15%でした。
しょうがないかと思ったけれども、カードキャッシングなので、利息は高めだなと感じていました。
念のために調べてみると、銀行などのカードローンで借り入れをした場合の利率は、おおよそで10%くらい。
高めの利率を払わされると分かっていながら、なぜこの方法でキャッシングしようと決めたのかは、まず、カード会社のほうが手続きなどが速く、すぐにカードが作れたから。それに、審査とか、申し込みも簡単で、すぐにお金を借りることができたから。
実際は、きちんと比較して選んで決めた訳ではなく、とっても焦っていたからというのが、一番の理由です。現金が少しでも早く手元に必要で、すぐに用意しなければならないという思いと焦りで、最も手っ取り早いキャッシングで、利率が高くても借りてしまったのです。でも現金がすぐに手に入ったので、お金を持っている安心感には変え難いものがありました。

キャッシングとカードローンについて

最近よく耳にする言葉で、「キャッシング」と「カードローン」があります。
それとなく意味はわかっていても、実際何が違うのか、どういったサービスが受けられるのかピンと来ないまま、よくわからずに利用している人も多いのではないでしょうか。
どのようなサービスを受けられるのか、その違いについても現在では、インターネットでの検索にて調べることも可能です。
銀行の建物イラストまた、「キャッシング」と「カードローン」は同じ意味に捉えられることも多々あります。
しかし、実際に細かくサービスの内容を見ていくと、キャッシングサービスの中にはカードローン以外のサービスも提供していたりもします。
そのため、「キャッシング」、「カードローン」という名のサービスの詳細をきちんと確認し、自分の希望に沿ったサービスを利用するなどの注意が必要でしょう。
その他にも、カードを使わずにお金を借りることができるサービスなどもあります。
多くのキャッシング、カードローンのサービスが出てきている中、担保なしでお金を借りられる嬉しいサービスも増えてきています。
私が以前利用したところでは、借り入れした金額に利息がつかない、消費者にとっては非常にありがたい、「無利息ローン」という便利なサービスもありました。

便利だけど簡単すぎるキャッシングの注意点

キャッシングサービスの利用は、最近ではコマーシャルや広告など様々な場所で耳にしたりするなど、私たちの身近に感じられるようになりました。れに加え、どんな人でも戸惑うこともほとんどなく、簡単にサービスを受けることができるようになりましたね。
しかし、そんな気軽にできてしまうこのサービスの容易さにこそ、危険が潜んでいるため、利用するにあたり十分な注意が必要です。
羽があるお金特に、キャッシングサービスを利用する際に、「借りすぎ」てしまうことに気をつけなければなりません。手続きも簡単だからといって、必要以上に借りてしまい、そのあとの返済に困ってしまったりすることも多々あります。
お金を借りるというキャッシングサービスを、あまりにも気軽に受けることができ、借りるための審査や、申し込み手続きの手順などのハードルが低いとなると、どうしてもキャッシングという行為に対する意識も下がってしまいがちです。

当日融資が可能なところも多く、急な出費で助けられる反面、自分のキャッシュカードから現金を引き出す錯覚に陥る人も少なくありません。
そして、借りすぎてしまったことに気づかずに、どんどん借りてしまう人も多いのです。
そのようなことになってしまわないように、事前に確実な情報を収集し、計画的に自分の必要な分だけ借りていきながら、キャッシングサービスを利用しましょう。