延滞なく完済を目指すなら毎月多めに返済を!

お札と電卓カードローンやキャッシングで最も注意しなければならないこと、それは「月々の返済額」です。出し入れ自由なタイプの場合、月々の返済は、・定められた最低返済額以上を入金する。・固定額(元本+金利)を入金する。という2つのパターンがあり、決められた金額を入金していれば何度でも自由に使うことができます。しかし実際には、最低返済額や、デフォルトの固定額のみを入金していると完済までに時間がかかってしまうケースが少なくありません。

例えば30万円借り入れる場合、それほど高額な借り入れではない、と思ったとしても、月々1万円しか返済しなければ、完済には当然最低20か月回以上かかってしまいます。また、出し入れ自由な場合、毎月返済しているからと言って新たな借り入れをしてしまうと、当然完済への道は遠のいてしまいます。

毎月きちんと収入があるから問題ない、と思われるかもしれませんが、失業や転職、病気やけがなどで収入が途絶えてしまう可能性を考慮すると、月々の返済額は可能な範囲で大きくし完済を早めるのがベストです。また、借り入れをする際には収入や支出を見直し、必要以上の借り入れをしないのも、負担を大きくしないためには重要なポイントです。返済回数が多くなれば、当然支払わなくてはならない金額もかさんでいきます。

不意の出費に便利なカードローンやキャッシングですが、延滞なく返済するためには、まず収入と支出を見直し、借入額は必要な分とした上で、なるべく毎月多めに返済するのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)