借金まみれの生活になりそうでした

破産に怯える男性生活費用が少し足りなくての気持ちからキャッシングをするようになりました。キャッシングは借金と同じなので、最初に借りるときにはとても悩み、まるで犯罪者になるみたいにコソコソした生活を送っていました。しかしキャッシングは本当に簡単に利用できてしまって、手軽さを知ってしまうとついついキャッシングがあるから!とキャッシングに頼る生活になってしまいます。キャッシングで足りなければまたキャッシングをすれば良いの感覚になってしまったのです。

結局3つのカード会社からキャッシングをしてしまった私は、返済がだんだんできなくなり一時期はカード会社が家にまでくることもあり、主人にばれたらどうしようとびくびくおびえる生活になっていました。結局支払いを滞り、カードは強制解約されてしまい、取り立てから逃れるために任意整理をすることになりました。

本当は自己破産も考えたのですが、自己破産は主人にばれてしまう可能性があると言われ、任意整理をすることになりました。キャッシングは利用は本当に簡単ですが心の弱い意思の弱い私には不向きであったと深く反省と後悔をしました。カード会社によっては取り立てというか注意喚起しに来ますので注意する必要があります。

子供を幼稚園に行かすための家計見直し

幼稚園の制服を着た少女上の子供が幼稚園に来年通うのですが、自分の安い給料では今の生活がギリギリだったので、どこかの生活費を削減して幼稚園代を作り出さないとダメになりました。まず、自分が手をつけたのは、携帯代でした。夫婦二人とも大手携帯会社を使用していて、二人で15000円ほど支払っていました。なので、大手携帯会社から格安スマホに買い換えて、月々の支払いが6000円くらいまで落ちました。1万円落ちただけでは、幼稚園代は出ないので、もう少し月々の生活費を落とす必要があります。そこで考えたのが、おまとめローンでした。

自分にはクレジットカードのリボ払い残高が20万円あり、月々1万円支払っていました。嫁の教育方針のために子供の英語教材を購入した分のローンが残高30万円あり、月々1万円支払っていました。なので、おまとめローンを利用して月々の支払いを低くしてそこから幼稚園代を作ろうと考えました。

なるべく返済期間を長く延ばして月々の支払いを少なくしようと思い、最長で借りれる銀行を探しました。それがイオン銀行でした。金利は上限金利ですが、最長8年間返済ができるので、月々の返済額を落とせます。ここだと思い、おまとめローンを申し込みました。審査はあっさり通り、振り込まれたのは2週間後でした。カードと英語教材のローンを一括で支払いしました。イオン銀行の月々の支払い額は約8000円です。1万円以上落ちました。これで合計2万円落ちたことになり、なんとか幼稚園代を捻出することができました。おまとめローンがあって助かりました。

自己破産した経験をお話しします。

借金のイメージ結婚していた時、クレジットカードでの買い物やキャッシングで200万くらい借りました。離婚する事になり、原因は暴力で役所に保護してもらう形での離婚になったので、着の身着のまま家を出て生活保護を受ける事になりました。生活保護を受けるのに、クレジットカードやキャッシングの返済に保護費をまわしてはいけないと言われ、弁護士に相談したところ、離婚で全てをリセットして、ゼロからのスタートにした方が良いと言われ、自己破産をしました。

法テラスを通しての弁護士にお願いしたので、自己破産の費用は14万くらいを月々5000円の支払いでした。200万が免責になりました。全てリセットしゼロからのスタートで、離婚後子供二人を育てながら頑張っています。自己破産して、もう、9年になります。
最近、子供の学習教材費の為、ローンを組む事になりました。ローン審査に通らなかったらどうしよう。子供が勉強をやる気になっているのにローンが通らなかったら、とすごく頭を抱え悩みましたが、なんとか無事にローン審査が通り一安心したところです。

自己破産にはメリット、デメリットがありますが、私は自己破産をして良かったと思います。離婚をきっかけに自己破産をし、生活保護を受けることができたことで生活を立て直すきっかけになりました。今は生活保護も受けず、フルタイムで働いて自立出来た生活をしています。今後も、クレジットカードやキャッシングに頼らず生活していきたいと思っています。

延滞なく完済を目指すなら毎月多めに返済を!

お札と電卓カードローンやキャッシングで最も注意しなければならないこと、それは「月々の返済額」です。出し入れ自由なタイプの場合、月々の返済は、・定められた最低返済額以上を入金する。・固定額(元本+金利)を入金する。という2つのパターンがあり、決められた金額を入金していれば何度でも自由に使うことができます。しかし実際には、最低返済額や、デフォルトの固定額のみを入金していると完済までに時間がかかってしまうケースが少なくありません。

例えば30万円借り入れる場合、それほど高額な借り入れではない、と思ったとしても、月々1万円しか返済しなければ、完済には当然最低20か月回以上かかってしまいます。また、出し入れ自由な場合、毎月返済しているからと言って新たな借り入れをしてしまうと、当然完済への道は遠のいてしまいます。

毎月きちんと収入があるから問題ない、と思われるかもしれませんが、失業や転職、病気やけがなどで収入が途絶えてしまう可能性を考慮すると、月々の返済額は可能な範囲で大きくし完済を早めるのがベストです。また、借り入れをする際には収入や支出を見直し、必要以上の借り入れをしないのも、負担を大きくしないためには重要なポイントです。返済回数が多くなれば、当然支払わなくてはならない金額もかさんでいきます。

不意の出費に便利なカードローンやキャッシングですが、延滞なく返済するためには、まず収入と支出を見直し、借入額は必要な分とした上で、なるべく毎月多めに返済するのがポイントです。

無理して返済額をあげずゆとりを持つ

リラックスする男性自分がカードローンやキャッシングを利用する時に気を付けて注意していることは、カードローンやキャッシングをして毎月の返済に苦労をしないかです。早く返済を終わらせたいからと言って無理して返済額を上げ、返済期間を短くするのではなくて、自分の生活に無理がないくらいの返済額で返済できるのならカードローンやキャッシングの借り入れをすることにしています。

返済に追われて仕事を頑張るのも嫌ですし、生活を切り詰めてストレスを溜めてしまいイライラするのも嫌なので、返済期間が延びてでも生活に支障のない程度の返済額にしといた方が、生活にもゆとりができて、ストレスも溜めずに返済していけると思っています。ゆとりがあるので少しずつでも貯金していって、ある程度貯金が貯まったら一括で払うようにしています。

あと、カードローンやキャッシングをする消費者金融や銀行の金利は、上限金利を採用することが多いので、少しでも上限金利が低い会社を見つけていつでもキャッシングできるようにしています。余裕がある時に探しておかないと、急にお金が必要になった時に慌てて、金利の高い会社に借り入れしてしまうのはもったいないです。

なので、なにかあったら借り入れする消費者金融や銀行のキャッシングカードを作っておくべきだと思います。

生活をするというのはこんなに大変なことなのか

折れ線グラフ1年半ほど前、私は外国為替証拠金取引で200万円も損をしてしまいました。当時まだ結婚したばかりでもっと良い暮らしを妻にさせてあげたいと思って始めたのですが、思いとは裏腹にお金はみるみる減っていきました。始めてから半年が経ち、妻が妊娠したことを知り、取引で負けた分を取り返して生まれてくる子どものためにとよりリスクのある取引をしてしまい、気づいたころには200万円消えていました。

取引をすることが習慣となっており、タバコを止めるくらい辛い思いをしました。負けているし利益を上げて何とか金を工面しなければという焦りもありました。取引は以後なんとか止めましたが損したことは誰にも言えず、生活ぎりぎりの状態となりクレジットカード会社のキャッシングを利用するようになりました。

手軽に始められるので金利など特に気にせずに借りていたのですが、給料が入っても入ってもなかなか借入金は減らず、苦しい日々が続きました。生活の為に働いているのか元金・利息を返す為に働いているのか分らなくなりました。

その頃から地道に節約し計画的に生活を設計する癖がつき、キャッシングなどの借金に対する知識も付きました。今は全額返済し、貯金もできるようになりましたが、もっと早く一般的な金融の知識や生活設計の考え方を確立すべきだったと後悔しています。家族にも言えない状況を克服するために払った代償は大きかったですが、その経験が今に繋がっているので結果良かったです。

キャッシングをする前に考える事と準備

一万円札キャッシングをする前に私がいつも考えている事、準備している事があります。30万円をキャッシングすると仮定した時の話をします。

最初に考えるのが、いつまでにどのような手段で返すのかという事です。私の場合はボーナスで全額返済をいつも想定しています。30万円という金額も、月々の支払いと、残額を1回のボーナスで無理なく返済できる最大額です。

次に最悪支払えなかった場合についても考え、準備をしておきます。具体的に、給与などからの収入から返済出来なくなった場合は現金以外の私の資産を売却して返済に充てます。

資産は株券などがありますが、他にも私自身の所有物について必要でないものの中で換金可能なものを予め物色しておきます。例えば趣味で集めたコレクション品などが該当します。それらについてオークションサイトなどから売却した場合の相場を調べておき、いざとなったら換金して返済に充てます。

意外と値段がつかないと自分では思っていても高値で売れるものがあったりするので、一度自分の持ち物のチェックをしてみることをオススメします。

最後に一番の用心としては、返すあてがないのに無計画にズルズルと借りないこと。本当に必要な借金かを考えて、また当面必要な額はいくらかをきちんと考え、最低限の借り入れにするようにしています。

業者選びのポイントはメインバンクのチェック

銀行の建物私が業者を選定するポイントは、まずずっと取引している銀行のローンから探します。特に給料の受給や光熱費の支払いに使用しているメインバンクは、個人の信頼度も高いため、審査においても通過しやすいものと考える事と、キャッシュカードとクレジットカードを一枚に出来る所です。また、そうする事でその銀行におけるポイントが高くなり、手数料無料のサービスも受ける事ができるのも理由の一つです。

次は銀行以外のクレジットであれば、利率が低くポイントが貯まる所を探します。銀行以外であれば利率が高いのが相場であり少しでも抑えるよう考えたい事とポイントが貯まれば商品券にかえて金券ショップで現金化したり、ポイントでショッピングに使用する事ができるので少しでも得をしたいのが理由です。

あとは、返済金額を抑えられるところや返済が容易にできるところなどもポイントとして考えます。ほとんどがリボルビング方式だったり、コンビニで返済できるところが多いので、それほどの差はないかもしれません。

最初は消費者金融は出来るだけ省いて考えます。大体が利率が高いのと取り立てが厳しいイメージがあるので、返済が苦しくなる事が想定されるためです。今は銀行も収入が減っているため、ローン商品を多く扱っており取引もしやすい状況です。ですので、まずは身近な銀行を調べるのが一番の近道ではないでしょうか。銀行であれば、まとまった金額も融資可能です。

その時は助かったけどよく考えて

ATMの写真現在消費者金融2社から総額120万円の借入があります。初めて借入をしたのは約10年前。個人経営の中古車販売店を始めたばかりで、年齢も若い私に、銀行は融資などしてくれるはずも無く、早急に現金が必要だった為、消費者金融に助けを求めました。審査は簡単に通り、初めは20万円借り入れる事が出来ました。

それからはすぐに増額し、更に足りなくなり別な消費者金融からも借入をし、遂に4社から総額200万円の借入をしました。金利は全て18%でした。カードローンは、返済を続けていくと、限度額の範囲内で借入が可能になるため、返済しては借入、それが長い間続いていました。

また借入可能額が有る事が心の安心になり、もしまた困った時は、ここにお金が有るから大丈夫!と思うようになりました。自分のお金では無いのに、借入可能額が自分の財産の様にな感覚になってしまいました。ですが、数年間毎月返済をしても、金銭的に辛くなるとすぐにまたおろしてしまう。借りるというよりも、自分の口座からお金をおろす感覚です。当然、全額返済するにはかなりの日数がかかります。

毎月ちょっとでも多く返済したい気持ちが有るのに、4社もあると、そうもいきません。結局、10年も前に借りた4社の借金は何とか2社の120万円まで減りましたが、その120万円を返済するのに、あと何年かかるか分かりません。今でも、残った2社の借入可能額をあてにしてしまいます。簡単に借りられても、返すのはこんなにも大変なんです。

まとまった金額と便利なシステムで大助かり!

カードの入った財布月々の返済や生活費が苦しくなり、広告などで見かけたスルガ銀行さんのカードローンリザーブドプランを申し込みました。他社からの借り入れがあったため、まとまった額を借りることは出来ないだろうと思っていましたが、100万円借りることができ、大助かりでした。

特に急ぎではなかったため、カードが届いてからの利用でしたが、急ぎの場合は即日振込もあるようです。審査も早く、当日に電話連絡がありました。返済もスルガ銀行だけでなくコンビニのATMなどでも行えるため便利です。また借り入れもコンビニのATMから行えます。

ここで少し変わっているのが、ATMによっては借入ではなく、引き出しの表示になっていることがあることです。また返済も預け入れの表示になっていることがあります。預け入れで返済を行っても、ちゃんと返済されているのでご安心ください。

返済額も100万円以下であれば月々2万円なので無理なく返済することが出来ています。また返済日も20日~翌月1日までの間に払えば良いので、時間が空いたときなどに行くことができます。申し込みもスマートフォンから簡単で、免許証の提出も撮影して送るだけです。

収入証明書も500万円を超えなければ提出不要です。エポスカードを持っている方はエポスカード保証のリザーブドプランもあります。借りたお金で月々の返済等の見直しもでき、月々少しづつ貯金もできるようになりました。おかげさまで生活苦から脱出することが出来ました。本当に大助かりです!